環境への取り組み

環境方針

環境理念

北海道コカ・コーラグループは、責任ある企業市民として、地球環境の保全に配慮した事業活動を行い、地域社会の豊かな環境の維持と社会の継続的な発展に貢献します。

環境行動指針

  1. 省エネルギー、省資源に努め、環境負荷を低減します。
  2. 事業活動に伴う廃棄物の削減と再資源化を促進するとともに、汚染の予防に努めます。
  3. 環境保全に対する全従業員の意識向上を図り、グループをあげて環境保全活動に取り組みます。
  4. 地域社会における環境保全活動への協力・支援を推進します。
  5. 環境に配慮した物品の購入を促進します。
  6. 環境関連法規制、KORE(コカ・コーラシステムが定める基準)及びその他の要求事項を遵守します。

この環境方針に基づき、環境目的・目標の設定と定期的な見直しを実施し、環境と経済の両立する活動の継続的な改善に取り組みます。

環境方針は全従業員に周知するとともに、社外に開示します。

代表取締役社長 佐々木 康行
2011年4月26日 制定

 
 
↑ページの上に戻る