工場見学


プラントツアー

何を作っているの?
札幌工場では、パッケージの種類によって5種類のラインに分かれており、それぞれの商品を作っています。
見たいラインをクリックしてね!!
 
※工場見学でご覧いただくラインは、コーヒー・お茶の缶ラインです。



大型立体自動倉庫
大型立体自動倉庫は、2万パレット収容できる国内のコカ・コーラボトラー最大級で、2002年11月に本格稼働しました。約2万棚を有する高さ約31メートルの倉庫棟と荷捌き棟からなる設備となっています。生産ラインからケースコンベアで製品を搬送した後のパレットへの積み付け、異なるパレットへの積み替えケース単位保管設備、生産日及び賞味期限の自動管理、ラック誘導システム等からなっています。



札幌工場豆知識

ひみつその1
札幌工場で利用している水は、災害応援用の生活用水として指定されており、各ライン合わせてなんと1,158トンもの水を貯蔵しています。これは2リットルのペットボトルに換算すると57万9,000本にもなります。災害時にはこの水を皆さんに提供することができます。

ひみつその2
2003年にアセプティックライン生産設備が完成しました。このラインは、無菌でペットボトルに充填するラインであり、コーヒー、お茶、スポーツ飲料などのペットボトル商品を製造しています。無菌充填は従来の熱処理で殺菌する方法と比べ、「より美味しく」を追求するための製造方法として業界では活発な導入が図られていますが、北海道の飲料業界では、札幌工場が最初となります。また、この設備が出来るまでは、製品に使用するPETボトルは、ボトルメーカーで成形されたボトルを札幌工場まで輸送していましたが、新設アセプティックラインのPETボトル成形機の稼働により、自社で炭酸製品用PETボトルの成形も可能になりました。

ひみつその3
札幌工場(札幌市清田区)では、排出される全ての廃棄物を再資源化するゼロエミッションを達成しました。詳しくは環境のページをご覧ください。

 
 
↑ページの上に戻る