環境への取り組み

リサイクルの取り組み

→札幌工場は「ゼロエミッション」 →自動販売機のリサイクル →サスティナブル・パッケージ →紙カップのリサイクル促進 →空容器のリサイクルを推進

札幌工場は「ゼロエミッション」

札幌工場では、2000年より廃棄物の埋め立てと単純焼却処理を一掃し、すべてをリサイクルする「ゼロエミッション」活動に取り組み、2001年から目標を100%達成しております。
ゼロエミッションの内容
 
工場廃棄物排出量 (単位:t)
  2012年 2013年 2014年
コーヒーかす・茶かす 3,383 3,265 3,477
紙類 180 182 192
プラスチック類 205 175 174
金属類 78 62 58
汚泥 19 17 24
ガラス類 3 3 0
一般廃棄物 他 13 12 9
合計 3,882 3,716 3,934

※四捨五入のため、合計が合わない場合があります。
↑ページの上に戻る


自動販売機のリサイクル

廃棄自動販売機は、金属・非金属などに分別され、リサイクル・埋立て・焼却等の方法で処理します。この結果、金属類を中心に自動販売機の約90%がリサイクルされています。また、廃棄自動販売機のフロンは自社グループで回収し、適正に処理しています。
  自動販売機のリサイクル
 
フロン回収・破壊量 (単位:kg)
  2012年 2013年 2014年
フロン回収・破壊量 479 572 657
↑ページの上に戻る


サスティナブル・パッケージ

コカ・コーラシステムでは、省資源化を目指して容器の軽量化を進めています。また、2010年3月より「い・ろ・は・す(I LOHAS)」に植物由来の素材を一部(5〜30%)使用したを導入しています。
サスティナブル・パッケージ
↑ページの上に戻る


紙カップのリサイクル促進

2000年9月、カップ式自動販売機で使用済みとなった紙カップは、下記回収ルートを通してトイレットペーパーに再生され、それを本社で使用するリサイクルルートを確立しました。
また、本社構内から排出されるシュレッダー裁断くずも紙カップと同じルートでトイレットペーパーに再生されています。
両者の1ヶ月分の紙くず(約400kg)から800個のトイレットペーパーが再生されています
紙カップのリサイクル促進
↑ページの上に戻る


空容器のリサイクルを推進

大切な資源である空容器の回収とリサイクルを推進しています。回収した空容器は、自社または専門の業者によりPET・アルミ・スチールなど材質別に分別され、再度資源として有効活用されます
 
国内の容器別リサイクル率(2013年度)
アルミ缶 83.8% アルミ缶リサイクル協会
スチール缶 92.9% スチール缶リサイクル協会
PETボトル(回収率) 85.8% PETボトルリサイクル推進協議会
ガラスびん(カレット使用率) 74.8% ガラスびんリサイクル促進協議会
 
 
↑ページの上に戻る