地域コミュニケーション

北海道 変化への挑戦 〜北の大地とともに〜

賑わいづくり〜笑顔あふれるまちづくりを目指して

魅力あふれるまちづくりをサポートしております

北海道は多彩な表情を持つ、四季の恵み豊かな大地です。

当社は各地域が大切にしている想いを実現し、北海道の魅力をより高めるため、道内各地の取り組みを応援しています。

「まちづくり協定」の締結

当社は、道内5つの都市にてまちづくりを応援する包括協定を締結し、協働による活動を推進しています。

さっぽろ雪まつり―札幌市―【さっぽろまちづくりパートナー協定】

札幌市の冬の風物詩である「さっぽろ雪まつり」において、雪まつりの広報活動の応援、期間中のイベント実施や飲料販売などの活動を行っています。

2010年からは札幌市とコラボレーションし、「コカ・コーラ350ml」、「コカ・コーラ ゼロ350ml」"さっぽろ雪まつりオリジナルデザイン缶"を発売し、売上の一部を寄付しています。

旭山動物園での環境教育プログラム「つながる輪 いのち」―旭川市―【魅力的なまちづくりに関する基本協定】

旭川市 旭山動物園内にて、同園と当社を含む協力関係者が協働して農園を開墾し、高校生などの地域市民が中心となって農作物の栽培を行っています。
旭山動物園のテーマである、"伝えるのは、命"を産・学・官・民が一体となって発信することを目的としており、環境教育やグリーンツーリズムの視点からも活用されています。

独居高齢者への「安心ボトル配付事業」―函館市―【協働・共想のまちづくりに関する協定】

2012年より同市が開始している「安心ボトル(救急医療情報キット)配布事業」に対し、当社が原案作成したボトル用シールを寄贈しています。

この事業は専用の「安心ボトル」内に対象者の救命時に重要となる情報を記入した用紙を入れ、各自宅内の冷蔵庫で保管、緊急時に有効活用します。
ボトル用シールは、救命時に情報を迅速に活用するため、シールを対象者の玄関ドア内側、保管場所である冷蔵庫の表扉、安心ボトル本体の3ヶ所に貼り付けます。

バイオディーゼル燃料の利用促進―帯広市―【協働のまちづくりに関する基本協定】

当社では2011年6月よりB5燃料(バイオディーゼル5パーセント混合軽油)を、一部の車輌燃料として使用しています。帯広市で販売が開始された同燃料の利用促進応援を目指しています。

なお、バイオディーゼルの商業使用は、日本コカ・コーラ株式会社と全国のボトラー12社などで構成する日本のコカ・コーラシステムでは、今回が全国で初めての試みです。

冬季スポーツ振興応援―釧路市―【市民とともに進めるまちづくりに関する協定】

釧路の象徴であるアイスホッケーを通じて「氷都釧路」を盛り上げる地域の子どもたちの夢を応援するため、対象自動販売機の売上の一部を(財)釧路スポーツ振興財団に寄付しています。
当社は飲料を購入して下さる地域の皆さまと共に、「氷都釧路」を応援しています。

 
 
↑ページの上に戻る